島岡医院は京都で安心・安全・納得の無痛分娩(硬膜外鎮痛分娩)ができる医療施設です。ただいまスタッフ募集中。求人案内をご覧ください

産科医療補償制度

  • HOME »
  • 産科医療補償制度

産科医療補償制度について

産科医療補償制度は、妊婦の皆さまが安心して産科医療を受けられるように、分娩機関が加入する制度です。この制度に加入している分娩機関でお産をすると、万一の時に補償の対象となります。
産科医療補償制度は、民間の損害保険を活用して立ち上げられた新しい制度です。
財団法人日本医療機能評価機構(厚生労働省所管)が運営に当たります。

当院もこの制度に加入いたしましたので、対象となる妊婦の皆さまには、妊娠22週までに、「登録証」を交付させていただきます。
また、分娩費にプラスして3万円の掛金をお支払いいただくことになりますが、産科医療補償制度創設と同時に出産育児一時金が35万円から38万円に増額となっており、新たなご負担をお願いするものではありませんのでご安心ください。

産科医療補償制度

  • ●分娩に関連して発症した脳性麻痺児およびその家族の経済的負担を速やかに補償します。
  • ●原因分析によって、将来の脳性麻痺の予防に役立つ情報を提供します。
  • ●これらにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ります。

補償対象

原則的には出生体重が2,000グラム以上、かつ妊娠33週以上のお産で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが対象になります。
妊娠28週以上の場合も補償対象となることがあります。

補償内容

看護・介護のために、準備一時金として600万円が支払われます。
総額2400万円が補償分割金として20年間にわたり支払われます。

wi-fiが使えます"


防犯カメラ設置について

当院では、防犯上の理由により、院内に防犯カメラを設置しております。

※撮影された映像は、防犯・安全上に問題がある場合に限り使用いたします。
※インターネット接続はしておりません。

スプリンクラー設置

消防署の立ち入り検査をクリアしました。
4/1から作動しております。

スタッフ募集

院内風景 Back
PAGETOP
Copyright © 2017 島岡医院 All Rights Reserved.