ご出産

お母さんと赤ちゃんにやさしい出産

理想型分娩を目指して

理想型分娩とは・・・?

お産の開始も途中経過もスムーズで、時間も短く、赤ちゃんが生まれるときでも意識することのないわずかな痛みですみ、産後の出血も少なく、お母さんも赤ちゃんもとても元気なお産です。

島岡医院が目指す
出産後2時間の母子ケア

「生後2時間は究極の育児の原点(新生児覚醒)」と呼ばれるように母子の愛着形成には、出産直後からお母さんの胸に直接赤ちゃんが抱かれる穏やかな時間の創出が重要です。

その為当院では、出産後約2時間のバースカンガルーケア(早期母子接触)を行っています。
※安心・安全の監視の中、バースカンガルーケアを行って頂く為、スタッフが必ず寄り添っています。

無痛分娩(硬膜外鎮痛分娩)

当院は自然分娩の他、分娩方法のひとつとして無痛分娩をお選びいただけます。

※硬膜外鎮痛分娩をお選びいただいても分娩費用は同じです。

島岡医院の無痛分娩は、陣痛の痛みをとることはもちろんですが、無駄と危険のない安全で有効な陣痛でお産が進行し終了するために行っています。言いかえれば、母と子に安全な理想型分娩をめざしての無痛分娩です。

LDR室でのご出産

LDR室は、L(Labor=陣痛)、D(Delivery=分娩)、R(Recovery=回復)を同じお部屋でお過ごしいただけるシステムです。陣痛が強まってから分娩室へ移動をするようなことはありません。

LDR室でのご出産には、産婦さんが一番苦しい時期に陣痛室から分娩室への移動がなく、お母さんは生まれるすぐから赤ちゃんを抱っこすることができます。

当院には陣痛室はありません!!島岡医院は開院以来LDR室でのご出産です。

LDR
LDR

分娩監視と管理

分娩監視とは、大切な陣痛、つまり子宮の収縮の監視と管理をすることです。

分娩中は、大切な子宮収縮の強さや形を正確に測る精度の高い内側法による子宮収縮曲線と、胎児心拍を直接胎児心電図で正確に測る胎児心拍数モニタリングによる監視、管理を行っています。

スタッフは片ときも離れず見守り、常にあなたのそばについています。

当院の無痛分娩に関する説明文書

当院の無痛分娩の標準的な方法

※JALA(無痛分娩関係学会・団体連絡協議会)による医療データの開示はこちら

無痛分娩実績

【平成9年~平成30年 4852件】
新生児仮死0件 無痛分娩事故0
初産婦 軽産婦
平均分娩時間 6時間44分 4時間33分
平均出血量 77g 104g
吸引率 0% 8%
ページ上部へ